革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

5年ごと利差配当付き学資保険

学資保険も生命保険の一種ですので、五年ごと利差を配当する保険も存在します。
「5年ごと利差配当って何?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
5年ごとに予定利率と実際の運用成果との差によって生じる損益を通算して剰余金が生じた場合に、配当金として分配する仕組みのことです。

保険市場の用語は難しいですね。少し噛み砕いて説明します。
保険会社では支払われた保険料を基に得ることができる収益を見込んで、それを保険料から割り引いています。
この割引率を予定利率と呼びます。
予定利率が高いと保険料は安くなり、低いと保険料が高くなる仕組みです。
当然予定利率は変動しますが、支払う保険料は契約した時点での予定利率が適用されるのです。

保険料は通常は契約時の料金で変動がありません。
これを実際の運用成果と照らし合わせると、その差によって損益が生じます。
5年ごとに通算して実際との差で余りが生じた場合に、剰余金を契約者に還元してくれるのを「5年ごと利差配当」と呼びます。
つまりこの配当は、保険料の事後精算のようなものなので、余りがないときはもらえません。

生命保険によくある仕組みですが、学資保険も生命保険の一種ということで5年ごと利差配当がついている保険もあります。
ソニー生命の「スクエア学資保険」、アフラックの「夢見るこどもの学資保険」、三井住友海上あいおい生命の「こども保険」、東京海上日動あんしん生命の「こども保険」、
新しく第一生命が発売するこども学資保険「Mickey」も5年ごと利差配当がついています。
とくにソニー生命は5年ごと利差配当と別に、長期間継続した契約に特別配当を出すこともあります。

しかし、学資保険を選ぶ際は、5年ごと利差配当がついているから選ぶのではなく、保障のないようやプラン、返戻率の高さなどで吟味しましょう。
「あっおまけに5年ごと利差配当もついてる!」と最後の後押しになるくらいに考えるとよいでしょう。
こちらの婚約指輪の選び方というサイトもおすすめのサイトです。ぜひ、ご覧ください。