革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

お子さまのために早めに準備を考えている方におすすめの学資保険

こどもの教育・進学に向けて早めに準備をすることには、利点がたくさんあります。
まず、落ち着いて比較検討できること。
学資保険に加入する前に考えておくべきことはたくさんあります。

こどもの養育費にはいくらかかるのか。
私立に進学するか国公立を狙うか、習わせたい習い事はあるか、やりたいことをやらせてあげられるに必要な経費はどれくらいかなど、大まかでよいので考えておきましょう。
それによって満期の金額の設定を変えられます。

またいつごろそれが必要になるのか、祝い金がもらえる時期が保険によって異なります。
入学金を払う時期やキープする大学に払う時期などを考えて、その時期にお金が手元にあるように計算しましょう。
こちらのサイトに、入園・入学のタイミングに合わせて支払われる学資保険 についての詳しい解説がありました。参考になるかと思いますので、是非ご覧ください。

あとは保障型にするか貯蓄型にするか。
「育児途中で親や子供に万が一のことがあったら!」と心配な方は保障型が向いているでしょうし、
「払った保険料より満期の受取金額が低いのは嫌だ!」という方には貯蓄型がよいでしょう。
保険によって保障の仕方や返戻率が異なるので、後悔しないようじっくり吟味しておきましょう。

考えることがたくさんありすぎて、迷ってしまわれた方にはソニー生命がおすすめ。
加入する前にライフプランナーと面談して、気になることを相談できて自分の家に必要な保険プランを提案してくれます。
ソニー生命の「スクエア学資保険」は返戻率も高いので安心です。

また学資保険に加入するのは早ければ早いほどお得です。
加入時期が早いと月々の支払額が少なくてすみ負担が少なくなることに加えて、返戻率が高くなるのです。
実際子供が産まれてすぐの0歳からの加入が最も多く、近頃では産まれる前から入れる学資保険が増えています。
学資保険に加入しようと思い立ったら、なるべく早い時期に加入したほうがよいでしょう。

アフラックの「夢見るこどもの学資保険」はなんと子供が産まれる140日前から申し込めるそうです。
また手早く支払を済ませたい人向けに子供が10歳の時までに支払が終わってしまうプランもあるので、余裕のある方は検討してみてもよいでしょう。
こちらの学資保険についてのサイトも大変お勧めです。